スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2007/09/10(月) 21:02:39

IMGP0664nn.jpg


http://www.hobidas.com/blog/rail/natori/archives/2007/08/51.html

コンピュータの進化でシミュレーターは
ありとあらゆる乗り物で作られてきました。

飛行機系にはコクピットがリアルに再現されたシミュレーターは多いですよね

でもこれは「蒸気機関車」
まず列車のリアルに再現したシミュレーター自体少ないのに

コイツは再現どころか
D51のキャブを丸ごと動揺装置付きのシミュレータにしたブツ。

凄すぎます(笑

そのリアルさは
計器類の微妙な振動によるブレから
なんと石炭(模擬石炭)をリアルに投入するところまで再現

リンク先にもありますが


事前に缶圧力計と水面計を確認し、ドレインコックを開け、出発信号機の進行現示を喚呼確認、リバー(逆転機)をフルギアに。汽笛ペダルを踏んで発車汽笛を吹鳴、ブレーキを緩解し、シリンダー圧力計を見ながらレギュレータ(加減弁ハンドル)を引き、ブラスト音に合わせてすぐにカットオフを調整し…はっきり言って“素人”には発車さえおぼつきません。




リアルすぎて素人じゃ動かすことが不可能と言う
恐ろしいシミュレーターです・・・・

めちゃめちゃ見に行きたいなぁ
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。