スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR苗穂工場公開@鉄道の日その2

  • 2007/10/15(月) 13:43:39

長すぎて
1本にまとめるとロードが厳しそうなので
2本に分けてみた。

その1はこちら

さてさて
DMVが走ってるところを見たあと
工場内をさまよってると
なにやら切れたレールが置いてある。

DSC_0373.jpg


立て看板を見るとゴールドサミット溶接(テルミット溶接)
で実際に繫ぐデモするんだって(・∀・)!

ゴールドサミット溶接は
アルミニウムの急激な
酸化反応(テルミット反応)を利用した
溶接方法
thermiteの語源ギリシャ語で熱を表すthermの名前の通り
短時間で終わるし
反応が急激なのでド迫力!

そういうわけなので
とりあえず反応剤の
アルミニウムと酸化鉄の粉末を
ザザーッっと入れます。
DSC_0400.jpg

容器にはthermiteって書いてある
欲しい(笑

そしてとけた鉄をレールの形にする
型となる鋳型
DSC_0385.jpg

ちゃんとレールの形してるね
あたりまえだけどw
ここに鉄が流れ込んで固まれば
レールとしてちゃんと機能します。
もちろんギャップではないので
高速度走行に対応したロングレールとしてです。

話は戻って溶接作業の続き
鋳型に鉄を流し込むにしても
急激な温度変化をさせてしまうと
鉄がゆがんだり気泡ができたり割れたりするので
DSC_0403.jpg

ファイヤー!!!!

余熱!

たんなる余熱なのになんか絵になる!

プロパンガスに酸素を加圧したバーナーはいいねぇ絵が。

豆知識だと本州はアセチレンだけど北海道はプロパンなのは
厳冬期の北海道だとアセチレンが
液化したまま気化しないんだって・・・・
だから気化するプロパンを使う。
そして酸素を加圧して強力なバーナーにする。

そして余熱が終わったら
いよいよ
点火!
DSC_0415.jpg

しゅごーっと
音を立てながらすごい迫力で反応が進む
DSC_0422.jpg

全部きれいに鉄が溶けると
下の栓も溶けて
下の鋳型に流れ出す
いいねぇ
幻想的だ
これはいい

んでそれなりに冷えて固まって
どうやって外すのかな~ってワクテカしつつ待っていると

DSC_0426.jpg


鋳型ごと切りますた(・∀・)

予想外w

で、型を崩してグラインダーで整えて終了。
始めてみたけど面白かった~


次の展示は
台車の取り付け
DSC_0439.jpg

こいつに
ボディを取り付ける。

Q:どうやって?

A:釣り上げて。
DSC_0454.jpg

この巨大な車両サイズのアームでひっつかんで
そのまま台車に載せます。
でかい!
アームだけで何トンあるんだろう

ひっつかんで
DSC_0468.jpg


DSC_0473.jpg


ぷら~んと持つ
かなり重量感あって迫力満点
DSC_0474.jpg


アームもゴツい!
いいねぇ
すばらしい

DSC_0487.jpg


潜り込んで
いろんなもの接合して
完了
整備前提に作られてるから早いね
素晴らしい

DSC_0504.jpg


解放してなくても見れるんだけど
展示のD51
いいね

でもメーンイベントはD51ではないッ

DSC_0524.jpg


C62!
なんと運転台に乗れるらしい!
これはラッキーだ
しかしすげえ連結
SL、電車、DL機関車
どれがどういう働きかさっぱりわからんw
でもこういう連結は大好きだ
やっぱり異種連結って男のロマンだよねー

DSC_05220.jpg


オマケ
SLの横にあった信号機
青空がよく映える。

C62に戻って
外観いろいろ
DSC_0531.jpg

DSC_0532.jpg

DSC_0533.jpg

とってもシブい

さぁさぁ
試乗の始まりだッ

DSC_0539.jpg

入口からワクワク

そして・・・・・
中!
DSC_0543.jpg

かっこいい!!!
これは感動だね
いいよ
いい
電機関連の全くない
メカオンリー
熱いわ
超熱い

DSC_0548.jpg

メータも渋い。
Goodだ

DSC_0555.jpg

燃焼室
使い込まれてていいねぇ
でも・・・・動き始めたら
むり!
目を取られて
写真なんか撮ってる暇じゃねぇ
というわけで写真はありません・・・・・

でーガッシュガッシュいいながら
動き始めたんだけど
整備があまりされてない
工場内の線路が妙にリアルでいい

短時間の試乗が終わって大満足のうちに
あまり時間がないのでDMVへ向かう。

DSC_0558.jpg


いた。
黄色はほんと目立つw
幼稚園バスみたい

DSC_0567.jpg


DMVの証拠
鉄輪もパシャリ。

DSC_0563.jpg

ガイドウェー
ここでモードチェンジします。
乗ってみると
確かにマイクロバスだ
鉄道系の低いエンジン音ではなく
自動車の軽い感じのエンジン音が鳴り響く
そして加速も結構鋭くて面白いw
最高速も速そうだ

そんなこんなで
すごい勉強になった1日もあっという間に終わり
帰宅する時間になってしまい
やむなく帰宅。

来年も行きたいなぁ

それと同じ日にオープンした鉄道博物館も近いうちに行きたい

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

余熱!
たんなる余熱なのになんか絵になる!
プロパンガスに酸素を加圧したバーナーはいいねぇ絵が。

  • 投稿者: 鉄道博物館
  • 2007/11/08(木) 16:35:24
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。