スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物の光合成能力アップ、日大が遺伝子組み換えで成功

  • 2007/07/11(水) 00:29:02

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070709i212.htm

光合成率の高い植物開発だそうで
今回能力アップしたのはモデル植物な
シロイヌナズナ
shiroinunazuna_hana1.jpg

こんなの

実験なのでモデル植物なんだと思いますが
次の実験では葉の大きい植物でやって見てほしいなぁ
成功したら欲しいなぁ(笑

いやねakiの部屋は日当たりが良すぎて
夏場灼熱地獄と化すのよ
北海道なのにね・・・・
なので太陽光をその光合成率の高いハッパで吸収すれば
少しでも部屋の温度下がるかなぁって

リンク先の通りそんな手間のかかる遺伝子操作しなくても
藻類はもともと効率の高い光合成ができるから
部屋で藻の栽培をおこなってもいいんだけど

窓辺で藻類の栽培って
ちょっと絵的に・・・・ね・・・


なので葉っぱの大きい植物をぜひぜひ開発していただけると是非買いますのでw


後は同じように
家の屋根ねぇ
皆さんも真夏に家の屋根上って見るといいよ
あまりの熱さに驚愕するから。
暑さじゃないよ「熱さ」ね。
下手すると火傷するくらい

これヒートアイランド現象の原因だし
何よりそんなもんが屋根に乗ってたら
あたりまえだけど冷房効率が下がってヒートアイランド現象の更に悪循環

それを光合成率高めた植物で覆って見るとどうでしょう
温度が上がらず冷房効率がめちゃめちゃ上がる
っていうか冷房要らなくなる可能性もある
それは植物は水を蒸散させるので温度維持どころか温度を下げる効果があるからだ

んでもって勿論CO2を吸い取る

素晴らしいね

育てる植物をイモとかにすれば
秋にはデンプン量、大きさが1.5倍くらいの美味しいイモが
食べられるというプチボーナス付き
良い事づくめじゃない。




CO2の排出量削減もいいけど
日本中の屋根を植物で覆って排出どころか吸収しまくっちゃうってどうでしょう?
国ぐるみでやれば割と直ぐ出来る筈

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。