スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モビルスーツのパイロットぽい動きやすいタイトな宇宙服(BioSuit)がMITから

  • 2007/08/04(土) 21:09:35

kz_biosuit2.jpg


ちょっと分厚いバイクスーツと言ってもいいくらい
スリムなこのスーツ
宇宙服なんだそうです。
名前はBioSuit

日本名はノーマルス(ry

http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0708/03/news027.html

2007071815432.jpg


MITのDava Newman教授が作ったそうなんですが
もう見るからに動きやすそう
重量は乗ってませんが見た感じ10kgちょい?


今までと違うのは
ヒフと生地の間に空気を入れない事で
隙間の空気が膨張せずに済むため
生地を硬くしなくても風船状態ならない点だそうです

まさにガンダムちっく
SFアニメの登場人物が
全員ピチピチの服だったのは意味があったのですね



でも、ヒフ部分に空気を入れないって皮膚呼吸大丈夫なのかな?
勿論考えてはあると思うけど
ちょっとその辺気になる

でもこれがちゃんと配備されれば
現在一着100kgを超えている宇宙服が
一気に10分の1に減り(勝手な予想)
1kg300万円とも言われる打ち上げ費用が大幅に削減できるので
是非是非早期実現して貰いたいです

勿論飛行士がEVAするときの作業効率も
いまの
「のそっ」
「のそっ」
「ペタッ」
「のそっ」
って作業から
思い切り上がるだろうから
その辺にも勿論ある


けども個人的には
ロボットか
1気圧服のが便利なんじゃまいか?と思ったり
0.3気圧へのブリージングの時間が
洒落にならないくらい掛るし
ロボットならその必要がない
遠隔操作がし辛いというのなら
いっそ中に乗り込んでどうせ無重力だし・・・・・・

それは所謂作業用モビルか・・・・・・




・・・・・ハッ!

なるほど今回のバイオスーツは
作業用モビルのパイロットスーツなんでつね

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。